スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショタ漫画読みの言い訳

ショタ漫画について思うことメモ。相変わらず日本語がへただよ!
確実に不快になるのでクリックしないでください。よろしくお願いします。

久々にショタコミを買った。「魔法が解ける迄」は感想かきたいなー。松文館のショタコミの女性向と男性向って曖昧だ。って、書店に置かれている場所で私が勝手に女性向けって思っているだけなのですけれど・・R指定は男性ゾーンでそれ以外の小さいサイズはBLゾーンに置かれています。BLのR指定はなかなかないけれど、R指定の基準って何よって最近思います。
ショタジャンルは大雑把に分けると、男性向成人指定で絵柄がやや古く身体つきがリアル寄りなもの(元気っ子が多い)と、BLから派生したと思われるデフォルメが強いもの(つるっとしている。短髪少ない)とでわかれていています。
私の勝手なイメージで分かりやすくするとこんなかんじ。 男性向→ふんどし  女性向け→だぼだぼトレーナー  new!→男の娘(尚且つショタ)
前の二つに共通しているのは、R指定有りナシにかかわらずエロシーンがあること。私が知らないだけかもしれないが、サブではなくメインでショタとのプラトニックな恋愛漫画はほとんどない、と思う。雁須磨子さんの「猫が箱の中」は衝撃的だったが、恋が実を結ぶのはショタが心身共に成長してから。主人公がショタに惹かれたのはショタ部分じゃなくて、性格がかっこいいから。「flat」はなんだろ。恋愛ではないし、ショタが可愛い漫画だけど、ショタショタしないようにしているよね。母性本能をくすぐる ヒューマンドラマになるのかしら。 ←ショタ漫画の括りではなくショタが出てくる漫画をとりあげたので、ショタでまとめるなこのペド野郎!って石を投げないでくださいお願いします
ショタとの恋愛漫画はガチっぽくなりすぎてひいてしまう。漫画は二次だけど、お話に三次的リアリティがないと恋愛漫画は成立しない。三次ショタ属性が無い私としては、二次ショタで三次的リアリティのある自然な出会いや仲良くなる過程を描写したプラトニックショタ恋愛漫画を描かれても困るのである。それならば、現実感の無い唐突なエロの方が何も考えず楽しめます。
BLの恋愛漫画はなんでいいのさってのは、自分が関係してないから。受け攻めに感情移入しても、ファンタジーですって胸張って言える。男女の恋愛は感情移入してもモウマンタイ。対ショタで感情移入するとまずい。ショタ漫画はショタの良さがメインで、大きい人の良さってのはあんまりかかれない。だって、ショタ漫画を読む人はショタを見に来てるから。リアルに可愛いショタと現実にあるかもしれないな恋愛されたらこまるんです。一瞬でもリアルって感じたら拒否反応がでる人多くて読む人減ると思う。ターゲットがガチすぎるきがする。
漫画でのエロは二次ゆえディープな方へ進んでいきやすいので、触手やスカ、グロ、ショタにいくのもわかる。でも恋愛漫画になると入り口が違うんだろうなあと思う。ショタに純粋に恋してハッピーになったら困る。てか低年齢との恋愛は成立しない。
あれだ。男の娘萌えな男性が三次の女装少年には属性が無いのと同じく捉えていただければと思います。ってのが、ショタ漫画購買層の一部の人間の言い訳だと思うんだがどうなんだろう。

結局言いたいのは、これまでのくだりと全然関係ないけれどR指定ではない漫画のエロシーン自重して欲しいってことです。最近の漫画への弾圧はやりすぎだろって思うけれど、エロに関してはそういう動きがでるのもわかる。まあでもエロはもりこんだ勝ちだから自重したら売れないんだろうなあ。R指定のエロ漫画なんてオタクディープか性欲ディープしか買わないだろう。エロに関わらず年齢制限付きの物が当たり前にあったらまた違うんだろうなあと思う。けど、今 年齢制限なんてつけたら出版社バイバイになってまう
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

裏山

Author:裏山
腐女子の漫画やゲームの感想と日記です。漫画はBL・TS・ロリ・ショタ・成人向が守備範囲。ゲームは乙女ゲとギャルゲ(家庭用ゲーム機に限る)です。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
BL×B.L.People
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。