スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神々の悪戯プレイ感想1(バルドル編)


神々の悪戯 (あそび) (通常版)神々の悪戯 (あそび) (通常版)
(2013/10/24)
Sony PSP

商品詳細を見る

うたプリの異国の王子様にはまって、池袋メイトが恋人かってくらい足繁く通っています。神々の悪戯は、そのいつも見るうたプリコーナーの隣にあって、地味に気になっていた作品でした。
マックで友人とHPを見ていたら、神々が学園で学ぶ世界観やキャラの趣味特技がジワジワきて、一緒にやろうぜってなりまいした。春からアニメがはじまるらしいし。

balder_180x180.jpg


以下、バルドル編のネタバレを含む感想。
バルドル
バルドルからプレイ開始。彼は北欧の光の神様で、意思とは関係なく人や動物を引きつける特性がありすべてのものに愛される存在。しかし、唯一主人公はその能力が効かなかったため、彼の気になる存在となります。おっとり天然な神様でよく転んでしまうのですが、その姿は美しく、頼りになるところもあります。
序盤から主人公にストレートに愛をささやいてくれるので、現実世界で疲れている心に染み込んでいいかんじだな〜ってプレイしていました笑。
しかし、徐々に彼のおかしな部分がみえてきます。いつも一緒なのはいいのですが、片時も離れたくないと束縛される。貴女の全てを覚えていたいと記録しているとは聞いていたけれど、二人で行った場所はもちろん、すべてのシーンでの表情、言葉にする反応、全てを覚えていると…ま、まじか。どうやら彼はストーカー気質なよう。さすがの主人公もちょっと引いたコメントがw
束縛も強制は決してしないし、それを表裏なく自然体でやっていているので、一般的なヤンデレとは少し違うようなキもしますが、ちょっと熱心すぎますね。
そうしている間にどんどん時間は過ぎていくのですが、恋を知らない主人公はいつまでたって煮え切らない。いつもの紳士的な態度はどこへやら、バルドルは耐えきれず主人公を力づくで押し倒し、「私の手に入らないのなら、いっそ…」なんてモロヤンデレよろしくな発言。
いつもは愛情いっぱいで迫ってきても、こちらがひけば意思を尊重してくれた温厚な彼を何がそうさせたのかは理由があったのです。
バルドルは不死の能力が効かない病気に犯され、残り少ない命の身だったのです。バルドルがたまーーーに時間を気にした発言をしていたのもそのためですね。
押し倒されたのを止めてくれた、バルドルのペアキャラのロキにバルドルと距離を置くように言われます。
避けられるバルドルがかわいそうでかわいそうで…つらかった。バルドルは転んでしまうからなかなか追ってこれないしちょっとひどいなあと思った。
そんなこんなで、ロキから余命の事をきかされ、ロキが主人公とずっと行動を共にしバルドルから引き離していたのは、残りの時間が少ないバルドルが女に騙されていたら許せないから女を試してたと言われる。俺がバルドルの一番の理解者だったと思ってたのに違ったんだな…なんてまるでロキが振られたみたいなかんじに…
こ、こいつ……!言葉を失った。
まあ、二人は愛を再確認してハッピーエンド。
恋愛END2は、バルドルの世界へ行って神の姿のバルドルと幸せだけど、病気の事は何も片付かないちょっと不安が残るエンド。
恋愛END1は、学園生活の記憶を消されて現世へ戻る。ひと月後、自宅の神社で、人の姿のバルドルと再会するエンド。
この、現世エンドでバルドルは「一度死んだ」と言っているんですね。だから、ひと月の間に神として死んで、ただの人間になってしまったのではないかということ。その時は病気で亡くなってしまったんだな…主人公の記憶はないし人の姿だけれども、現世で幸せになろう…って思っていたのです

それは大きな間違いだと知る。
それが宿命ENDで明らかにされた。
バルドルは親や友人に不調の原因は不治の病と言われて彼もそれを信じていたのですが、、、
真実は、バルドルは破壊神になって世界を破壊するだろうと予言者に予言されていたのです。時々、自我を忘れてしまうのはその兆候とのこと。
えーーーーーーーーーー
それじゃあ、恋愛END2はなんの解決もしてないじゃん!このあと破壊神になって世界が終わるじゃん!
そして恋愛END1で一度死んだってのは、、、、、どうして???という新たな疑問が。
宿命END1で「バルドルが破壊神になって世界や神々、生き物を破壊する事になったら、一番辛いのは誰よりも心が優しいバルドル自身だから、俺がバルドルを殺す」(うろおぼえ)、、とロキ。まじかーーーー!!!ロキがバルドルを想う気持ちが半端ない。ちなみに、主人公は完全に蚊帳の外状態です。二人の傍観者。
ロキ、主人公、トールでバルドルを連れ出し、彼が破壊神になる前に殺そうとします。しかし様子のおかしい状況を察したバルドルが、ロキに自分を殺させまいと、自ら命を絶っておわり。。。自分を責めるロキに、トールは死ぬ事は許さない。バルドルが守った世界を俺たちは生きなくてはならないと。。。。。
ブシャーーーーーーーーーーーー;;;;;;一番泣いた;;;
ロキやトールは真実を知りながら、それでもみんなで仲良くしているシーンでも泣いてしまった……とにかく、北欧の神トリオは仲がよくて、互いに想い合っているのがよくて、いつもはかけ算してしまう私ですがかけ算なしにいい友情だなあと;;;;こ、こんなに泣くなんて年かしら;;;
宿命END1で打ちのめされながら、更に絶望の宿命END2をすすめる。。。
ロキに刃を向けられたバルドルは精神が不安定になり、完全に自我を失い破壊神へと変貌してしまう。ロキも神化して、バルドルを止めるために二人で跡形も無く死んでしまうというエンド。。。。今度はロキも死んでしまった、、、救いようがない。。。
宿命ENDはどちらを選んでもバルドルが必ず死んでしまう。超鬼畜エンド。
宿命ENDを見たあとに、恋愛ENDをみたらまた見え方が変わってきました。
恋愛END2はこれからまた波乱があるのかなあって考えるとあまり良いエンドとはいえないきがして…。恋愛END1はロキに殺されたのか、自殺したのかはわからないけれど、とりあえず世界は壊されてないし、バルドルが一度死んでしまうけれど、まだ救いがある終わり方なのかなあと思いました。
宿命がつらすぎてお口直しに恋愛エンド2見直した……心がびしゃびしゃです。。。

そして、バルドルにふさわしいか試されている時に、ロキを選ぶとロキに殺されてゲームオーバーになるらしいです。。。ロキ、、おまえどんだけだよ、、、、素晴らしいキャラでした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

裏山

Author:裏山
腐女子の漫画やゲームの感想と日記です。漫画はBL・TS・ロリ・ショタ・成人向が守備範囲。ゲームは乙女ゲとギャルゲ(家庭用ゲーム機に限る)です。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
BL×B.L.People
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。