スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神々の悪戯プレイ感想2(月人編)

神々の悪戯 次に攻略するのは 月人!!
月人

ツクヨミ、日本の神様です。
彼はバルドルやアポロンと同様に生徒会に所属していて、はじめから学園生活に協力的。
表情が殆ど変わらず、余計な事は語らず、とにかく静かなキャラです。

以下、感想です。おりたたみます。
前回、重いシナリオのバルドルをクリアしたからか、終止安心してプレイできましたw

月人は、任務以外の事は喋らないし会話も続かないけれど、授業もまじめに出席するし生徒会活動も真剣。
どこが問題なんだろうなあ?と思っていました。
話しかけても、「いいえ」「いいえ」「はい」とかしか言わないのはつまらないなあ…と思っていましたが。

ロキの悪戯で月人と主人公に、本当の恋人にならないと外れない指輪をはめられてしまいます笑
デ、デターーラブコメ展開キターーー!!
無理に外そうとしたり、100m離れると電流が流れるというおまけつき。
指輪を外すべく、他の神々公認で仮の恋人になる事に。
いきなりロキのススメでみんなの前でキスする超展開。。月人は何も感じてない様子でしたが、主人公は恥ずかしさと悔しさのあまりに逃げ出してしまいます。月人が追ってきてくれて、「さっそく恋人らしくなってきたじゃん!」と思いきや、指輪の距離を気にして追いかけてきただけ……ファーストキスを奪われてそんな屈辱的な事言われてふんだりけったりwwwプライドずたずたですね…
二人が恋人同士になるべく、外野の神様たちは盛り上がって恋愛マニュアルをつくる始末。
主人公も主人公で現世に帰りたいが為に、恋人になるよう協力します。
神様たちお手製の恋愛マニュアルに沿って演じてみせても、なかなかうまくいかず…。というのも原因があり、月人は主人公はおろか、他人や、自分にさえ興味が持てないのでした。彼は生まれてまもなくその能力をかわれて過酷な任務を負わされた為に心が壊れ、何も感じなくなってしまったのです。月人の弟、尊がいつもあにぃ!あにぃ!と付いて回ってきても気にしないのもそのためですね。
月人は感情が育っていないので、とにかく成長させよう!というストーリーでした。学園に来た甲斐がありますね!
月人に興味を持ってもらおうと、日本の行事を開催したり、共に学園生活を送る中で、少しずつ月人の興味が育っていきます。夏の行事には自ら意欲的に取り組んだり、会話も少しずつ増えていく様子がみれます。
そんな中、戸塚兄弟の兄である陽が学園に呼び出されます。
ここで分岐。

尊が陽にいじめられるに決まってるから今すぐ助けにいこう!
と、待ちましょうという選択肢。

私としては、月人を助けに行く気満々だったのですが、BRAVE消費数的には待つ選択肢の方が正解のようで…、、
バルドルの時に思ったのですが、宿命ルートは謎解明するべく首を突っ込む必要があり、恋愛ルートに行く為には適度に見て見ぬ振りが必要なのかなーとw

月人を信じて待ち恋愛ルートへ進みました。
帰ってきた月人は、陽に未だ卒業資格を得られない事と、最近になって家族に興味を持ち始めている事をこっぴどく叱られた様子。明らかに落ち込んでいる…月人。落ち込むって事は何も感じなかった時に比べて成長したってことですね。
では、家族になりましょうと提案し、いつの間に現れたアポロンたちも加わり、大きな家族にw月人ルートは周りの神々がとても協力的でほっこりします。
そして、家族らしい行事をしようと年越しを提案。もはや学校行事の枠を超えているのですがまあ、今回は家族という規模が小さいのでそれもまたよし。着々と準備が進んでいくのですが、ここで月人の怪しい行動が!四六時中一緒だったのに避けられている…新たな問題発生かとハラハラしまいした。が、それも全てプロポーズへの準備だったのです///みんなで年越しした後、二人でこっそり抜け出し海へ。本当は初日の出をみながら…というシチュエーションを狙っていたのですが、時間を読み間違えて、日の沈んだ砂浜で指輪とともにプロポーズ!!!恋愛マニュアルが大活躍です!まさかここまで使われるとは…!
自分は生まれたばかりの赤子同然で何をすべきかわからないから、書物や恋愛マニュアルで学ぶしかないという月人に、自分の言葉で再度プロポーズしてもらうのですが、シンプルな言葉だけど月人の言葉をきけてすごくよかったなあと思いました。月人成長したね;;;
本当の恋人になった二人の指輪がとれ、主人公の左手の薬指には結婚指輪が残って終了。
あとは、おなじみのどこの世界にいくかの分岐。
恋愛END1は、現世に帰るエンド。記憶をなくした主人公が桜舞い散る神社で再び月人と出会います。あ の 月人が追いかけてくれましたー!バルドルの時は生まれ変わってきた、ということでしたが、月人の中身は神様のままなのかしら?そこらへんどうなっているんでしょうか。他の神様のエンドも気になります。
恋愛END2は、月人の日本神話の世界に行くエンド。甘いですね///なんとエンンディングでも恋愛マニュアルを活用中wwwどんだけ役に立っているんだよwwwこのマニュアルがなかったら二人は結ばれていなかったので、本当に他の神々に感謝ですねwwwもーあまあまでした///

なんか…バルドルの時と大違いのような…なにも不安がないスッキリとしたハッピーエンド。
バルドルのエンディングが特殊だったのでしょうか……


今度は、宿命ルート。
陽、月人、尊の三兄弟の謎が明らかになります。
なんと、月人だけ血が繋がっていなかったのです。
そして、尊が月人を慕うきっかけとなった出来事が尊の勘違いという事に…
全てが発覚して尊は神化。探し出さなければなりません。
兄弟喧嘩かーーい!
宿命END1は、尊の優しさや大切さに気づいた月人が神化して尊を見つけ出し、拙いながらも正直な気持ちを伝えて和解。ついでに陽とも和解。三兄弟仲良くしましょうというホンワカエンド。完全に空気だった主人公ですが、最後はお互いに初恋だったと伝え、貴女が住む世界(日本)を守りますと言い残しお別れ。
三兄弟のスチル、ほんわかかわい過ぎwww
宿命END2は、尊を見つけ出せず一夜があけると……思い詰めた月人がキャラ崩壊して、兄弟よ〜〜すまなかった〜〜〜と許しを得るエンドwwwギャグでしたwwwwスチルの月人の表情は必見ですwwwwwあまりの変貌ぶりに尊はおろか、陽とも仲直りする始末。このエンドを見る限り、尊はもちろん陽も言う程月人の事を嫌っていなかったのかなーと思いました。

なんとなく、バルドルエンドに比べると月人の問題はそこまで深刻な問題じゃなかったのかな笑
宿命エンドは必ず神が死ぬんだ!と緊張しながら進めていたので、やり終えてホッとしました。
恋愛エンドでは兄弟問題が解決していないけれど、人を想う心が育った月人だったら仲直りできるんじゃないかな〜って思いました。
はじめから最後まで、安心した気持ちでプレイできました。指輪のトラブルもラブコメっぽいし、少しずつながら着実に距離が縮まっていくのがわかるし、なんというか恋愛の王道だったのかな。成長していくっていうのも、学園のコンセプトにすごく合っているし。月人のはじめの印象からは想像できない素敵なお話でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

裏山

Author:裏山
腐女子の漫画やゲームの感想と日記です。漫画はBL・TS・ロリ・ショタ・成人向が守備範囲。ゲームは乙女ゲとギャルゲ(家庭用ゲーム機に限る)です。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
BL×B.L.People
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。