スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神々の悪戯プレイ感想3(ハデス編)

hades_180x180.jpg

次は冥府の王、ハデス!
HPで彼のプロフィールを見てかなり惹かれました。
ではでは、以下ネタバレを含む感想です。おりたたみます。(pcのみ)

ハデス
はじめての部活動組でわくわくしながらプレイ開始!
不登校の神々たちをどうやって出席させるのかなあ?と思ってたら、いきなりゼウスの怒りの雷が!!
ハデスをかばおうとして主人公も打たれてしまうのですが、ふつう死ぬってwwwwそこは箱庭パワーで気絶するだけに留まり、保健室へ運ばれます。そこには同じく雷に打たれた神々たちが。
ハデスをかばった事で、ディオニュソス、トールの信頼をゲット。ハデスは学園を拒否する方が面倒だからと学園通う事に。死者の国を治めているハデスに興味を持つ尊。意外と厨二好き??尊をからかうのが面白いとロキも学園通う…と芋ずるしきで神々達が学園に出席する事になりました。
そして、部活動がはじまります。
アポロンは硬式テニス、バルドル軟式テニス。同じにしろよwww他の神々はなかなか決まらず…アンケートを取って唯一ハデスが書いてくれた天文部に全員強制仮入部という流れに…
ここで分岐、ハデス、尊、ロキを選ぶ。
ところが、ハデスと図書室へ行っている間にそれぞれ気になる部活動を見つけ、天文部はハデス一人に…カワイソス…
主人公は天文部の活動へついていき、星の講義をうけるのですが、無駄にムービーがwwwテラロマンティック///調子に乗って話を聞いていたら、ゼウスの話題になり二人の関係性について触れてしまう。どうやら険悪な仲のようです…。
ロキの提案で部室の場所優先選択権をかけて体育祭が開催日される事に。難なく苦難を乗り越え余裕で走るアポロンに対し、不幸が次々襲いかかるハデス…人間の体で死ぬだろうというハードな障害物競走。最後は人食い馬に飛ばされてゴール…勝利したものの…カワイソス…そのまま保健室行き。最終決戦ではハデスがまとめ、ロキがムードメーカーとなり尊がそれを引っ張っていく最強コンビで大勝利!!バラバラの個性でどうなるかと思いきや、部活動組は意外とまとまってますな!!!
そして、ゼウスへの定期報告で、ハデスの面倒をみるうに…と注文が入ります。
更に、部活の人数は五人以上、また常に人が増えるよう努力せねば廃部と新しいルールが。
周囲の人間を不幸にしてしまうハデスは部員が増えるのを拒否するのですが、アポロンが部活の見学にくる事に。ゼウスの息子のアポロンですが、なんだかんだ二人は仲がいいようですね。
夏の天体観測会を開く事になり、ハデス、アポロン、尊と共に行くのですが土砂降りに…さすが冥府の王…不幸すぎ。。。悲しい音楽が流れます…(´;ω;`)ハデスは自分の不幸にみんなを巻き込むのが辛いみたいですね。落ち込み一人に去るハデスを追いかけるがバランスを崩し、二人は川にドボーン!踏んだり蹴ったりwww
観測会は失敗に終わったのですが、尊とアポロンがハデスの人柄に惹かれて入部する事に!!!ハデスさんは人気者だなあ。不幸にはみんなで打ち勝ちましょう!という流れに。いい子達だなあ〜〜。そしてディオニュソスも参加。以前から気になってたようですね。人数が増えてわーわーと盛り上がる天文部!いい感じです!!!
主人公の働きかけで放課後もハデスとご一緒にする事になり、二人は夜の中庭へ。ハデスが芝生にハンカチを敷いて、座れ…って!紳士ーーーー/////ギリシャ紳士ーーー!!えっ、ギリシャってイギリス??英国紳士??
そのお話の中で、ゼウス提案のくじ引きでハデスが冥府を治める事になったと知る。ずっと前から不幸体質だったんですね……。ゼウスは天空を治める事になったのですが、天空は地上も海にも影響を与える、世界を治めていると言ってもおかしくない場所。ハデスは、好き勝手ばかりやるゼウスが治めているのは許せない、との事。確かに学園でも季節変えたり無理なルール追加したり、やりたい放題ですものね…。優しいハデスはみんなの事を考えればこそ、ゼウスが許せないのでしょう。しかし、暗い地下世界にいるからこそ更に星が美しく輝くとプラスに捉えようとするハデス。部活動でただ星を眺めるより、知識を得たり環境を変える事でより一層星を楽しめるというのもそこからきてるのかもしれませんね。
季節は秋になり、再び観測会をしようと盛り上がる天文部!!ハデスもしょーもない洒落を言う気遣いをみせる…意外な事なさるんですネクタル。秋の観測会も雨…だったのですが…!アポロン提案で尊の神の力を使い、雨を払ってみせたのです!!神の力を使った罰として雷をうける特訓までして…火傷のあとが…(´;ω;`)皆で星を眺めることに幸せを感じるハデス。お前がいたから…なんて言葉まででてきました。そして、明日の夜二人で会えないか?とお誘いが…!急にどうしたのハデスさん!!二人だけでガーネットスターの鑑賞会。甘い空気に浸っていたら、幸せだからこそ主人公や天文部の部員を巻き込みたくないとハデスが漏らします。服を脱いだ彼の右胸には呪いの紋章が。冥府を治める彼は死者から恨まれ、その身に不幸が降り掛かるのだそうです。そして、彼は皆を不幸に巻き込みたくないと天文部を去ってしまいます。
部活を去ったハデスが戻ってくるように、アポロン提案でもっと魅力的な天文部しよう!と、自作のプラネタリウムを作る事に。ハデスファンの集い///
ひょんなことでハデスの部屋へ行く事に。ハデスさんは大きな福と名前だから、大福が好きなんだそうです…理由がかわいそうすぎる…。そこで苺大福を食べてスチル発生wwwそして、賞味期限切れの大福が原因で腹痛に…また、悲しい事を言うハデスに主人公が切れていかにみんなや自分自身がハデスの事を好きか伝え…抱き合う二人。部屋をあとにした翌日、ハデスが冥府へ帰ったと知ります。せっかく心通じ合えたと思ったのに。。。
ゼウスの元へ行き、ゼウスもハデスへの申し訳ない気持ちと救おうという意思があった事を知ります。そして主人公はハデスを救うべく冥府へ……

どうにかハデスに会う事ができて、学園へ戻るよう説得する主人公。
二人で冥界から出る事になるのですが、生者が冥府へ来てしまったので、夏の天文部の活動時に話してくれたお話になぞらえた罰が与えられます。生者ながら妻を連れ戻す為に来た楽師に一度も振り返る事無く帰れたら妻を連れ戻してもいいが、振り返ってしまったら妻は一生冥府にとどまり、楽師とは二度と会う事がかなわないという物語(長い)。ハデスを連れ、一度も振り返らなかったらOK。一度でも振り返ったら主人公は二度と冥府から出れないという罰。。
ここで分岐です。
恋愛END1では、一度も振り返らず行こうとする主人公。あと少しというところで、ハデスに突き飛ばされ、主人公だけ冥府から出てしまいます。ハデスははじめから学園に帰る気などなかったのです…。失意のまま学園を卒業し、学園の記憶をなくして現世に戻ります。そこで、死者の呪いが主人公に襲いかかるのですが、ほんの一瞬ハデスが現れ呪いを自分に移して守って終わり。。。スチルは現代では出ません…。主人公はいい子なので死後冥府に送られる事もないでしょうから、もう会える事はないのでしょうね。個人的にはバッドエンドだと思うのですが…
恋愛END2では、冥府でハデスが本当に付いてきているか不安になり、後ろを振り返ってしまいます。そこには涙を流すハデスがいました。主人公のみを冥府から出すと決めていたから、ハデスは涙を流していたのかなあ…;;そして、一生冥府から出る事ができなくなった主人公に、何故振り返ってしまったんだと、愛するお前を幸せにする為に自分は冥府に戻る事にしたんだとハデスは言います。「俺はお前を不幸にすることはできない。しかし、お前がそれを望んでくれるなら…」と。「こんなに愛に身を焦がしたことはない。愛し合いたかったんだ、ずっと。」と涙を流しながらキスをするハデス。まわりの人を不幸に巻き込まなない為に孤独に全ての不幸を抱え込み、人との関係を拒否していた彼は、想像できないくらい愛し合える人を欲していたんだなあ;;;;
そして、死が二人を分つまで愛すると誓いをたてます。死の世界である冥府で死が訪れる事はないので、永遠に愛するという誓いです。涙を流さずにはいられませんでした。暗くて恐ろしい冥府で永遠に二人で過ごすというちょっと悲しいエンドです。不幸ばかりで幸福はほんの少ししかないと言っていたので、本当に恐ろしい場所なんだなあと思いました。
恋愛エンド1はエンド2で振り返った時にハデスが流していた涙の意味を知るためのエンドなのかなあと、個人的に。

宿命ルート
ハデスが部活を去ってしまった後、ハデスにプラネタリウムの事を伝えると、ハデスの呪いがアポロンにうつり、アポロンが暴走。ハデスを不幸にするべく、ハデスの周りの人を苦しめるというなんとも酷いやり方です。呪いが消える方法はなく、ハデスが幸せ望まぬならハデスの元へ戻るという。ゼウスは苦渋の想いで息子であるアポロンを救って欲しいとハデスに頼む。兄か息子を選ばなければいけないゼウスも辛いですね…。
宿命END1アポロンはハデスの苦しみを知り、二人で呪いを半分に分かち合う。アポロン優しいいい子だなあ;;
宿命END2は呪いは全てハデスに戻る。そして幸福を追い求めて悲しみに暮れる事はない…というハデス。学園に来た時より、より絶望した状態でハデスは冥府に戻るという最悪なエンドに……

恋愛、宿命共にハデスが呪いから解放されないのが辛かった。
恋愛2では、不幸ながら愛するものが一生隣りにいて、
宿命1では、不幸ながらハデスの理解者ができて、すこーーしだけ救われました。
不幸からは絶対に逃れられないのか……どれを選んでも完全にハッピーエンドならないという。
ほぼ全部がハッピーエンドだった月人からの落差がすごかったです。。。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

裏山

Author:裏山
腐女子の漫画やゲームの感想と日記です。漫画はBL・TS・ロリ・ショタ・成人向が守備範囲。ゲームは乙女ゲとギャルゲ(家庭用ゲーム機に限る)です。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
BL×B.L.People
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。